2012年11月04日

原田英代さんのピアノコンサート

昨日、日本よりも欧米で知られ、活躍しているピアニスト、
原田英代(はらだひでよ)さんのピアノコンサートに行ってきましたるんるん

場所は、徳島の美馬市(みまし)・・・といっても、「市」とは名ばかりで、
昔の美馬郡のほうがピッタリexclamationわーい(嬉しい顔)

その、美馬市の青木邸という、民家の庭先の元蔵、
みたいなところで、行われました。
 ここね。
  ↓↓↓↓
001.JPG

なんでそんなところで・・・というと、
原田英代さんが、都会からコンサートをはじめて、
地方都市の広島や岡山などで行う時に、
ちょっと練習室が欲しい・・・ということで、

徳島に知り合いがいたらしくて、
徳島の海産物も楽しんで、ついでに練習・・・ということが、
長きにわたって、行われてきたらしいのですねひらめき
とてもいいコンサートでした。手(チョキ)

で、CDがサインと握手付きで、安かったので、
ピアノの先生に「先生はそっちですかー、じゃあ私こっち買いますから、
後で交換して聴きましょう!」と言っておきながら、
財布がないことを発見!!がく〜(落胆した顔)

ピアノの先生が「貸してあげる」というから、
借りてしまいました。。
相変わらずの、おっちょこちょいです。。。ふらふら



posted by くめみ at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

ピアノの発表会

今日は、発表会でした。
打ち上げをして、帰ってきました。

結果は・・・

やっぱり完璧じゃないところを、
テキメンに間違えました〜もうやだ〜(悲しい顔)

直前に20冊くらい本を読んで、
指の脱力も頑張ったけど、

結局左手の小指が脱力できないまま残り。。。

本当はもっといい音がでたかも・・・
と思うと、悔しいです。

時間は無かったけどね。

でもね〜、
やっぱり出てよかった・・・と
思うのですよ。。わーい(嬉しい顔)

だって、出なければ、それで終わりだもん。パンチ

出たからこそ、
あそこをこうすりゃよかった、とか、
最後にいろんな理論も勉強したし。。

効果もそれなりにあったし。

これがいつか生きることを信じて、
また明日からやり直そうと思います。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


posted by くめみ at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

ゆる体操

明日に迫ったピアノの発表会ですが、

まだ左手の中指・人差し指・小指の
脱力が完璧ではございませんの。もうやだ〜(悲しい顔)

というわけで、この1週間、
本をいっぱい読みました。

アレクサンダー・テクニークからはじまり、
フィンガネス体操、ゆる体操、ゆる呼吸・・・

まだ途中の本もありますが、
すべての項目にはざっと目は通して
(フォトリーディングは、やったから)、
実践もしてみました。

フィンガネス体操は、速効効果あり。

アレキサンダー・テクニークも、
最初は理屈っぽいのと、
なかなかピアノだけの部分っていうのが
見当たらなかったけど、

一通り他の本も読んで、
ピアニストならだれでも知っておきたい「からだ」のこと
っていう本を読んだら、
よくわかりました。

結局は、身体は全体を使うもの、
なのですね。

そして、今はその二つに、
「ゆる体操」で身体をゆるめ、
「ゆる呼吸」も実践中。

ゆる体操、ゆる呼吸というのは、
高岡英夫さんの方法で、

身体にセンターを通して、後はゆるめ、
呼吸で丹田を作って達人になる
ぴかぴか(新しい)

という論法です。

丹田ですが、
私は、今までは「お腹の下」しか
しらなかったので、

勉強になりました。ひらめき

なんとか、発表会本番までは、
せいざい悪あがきして、

できるだけのパフォーマンスはしたい・・・
と思う、くめみでございます。わーい(嬉しい顔)






posted by くめみ at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

クギマチの演奏会用ドレスの写真

先にお話した、amazon通販で買った、
クギマチのパーティードレスの写真を
アップしますね。ハートたち(複数ハート)
  ↓
IMG_0019.jpg
  
このドレスの下にパニエを履き、

同じくネットで買ったラインストーンの
ネックレスとイヤリングのセットと、

今日しまむらで買ってきたラインストーンの
カチューシャを合わせますと、

どこのお姫様exclamation&questionって感じです。

いや、おばさんには見えません、
遠目には。(爆爆弾)


ところでこのドレス、
胸のところにもコサージュがついてました。

でも、今日、ドレスを着て、
パンプスを履いてピアノを弾いてみると、

コサージュが手に当たって邪魔、
なのですよね。。

というわけで、取っちゃいました。
  ↓
IMG_0020.jpg

とりあえず、安全ピンを縫いつけて、
コサージュにしようと思います。

つけるか、そのまま行くかは、
また考えよっと。。

それにしても、こんな綺麗なドレスを着て、
演奏が酷いと、辛いよなぁ。。。ふらふら
posted by くめみ at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

ピアノの発表会用に、クギマチの演奏会用ドレスを買いました。

ピアノの発表会に出るにあたり、

実は演奏会用ドレスも、
考えちゃうところ・・なんですよね。ふらふら

前回着たドレスは、
2回同じものを着たわけで、
今回はちょっと変えないとマズイ・・・

以前、下はコンサート用の黒のスカートに
トップスだけ変える、とかいう手も
2度ほど試みましたが、
今回はどうしようexclamation&questionと考えること、しばし。。

あんまり予算もないし。
で、ネットでリサイクルドレスや、
安いドレスを探しました。

本当に安いのだと、5千円以内でありましたが、
レビューに「生地は薄いです」とあったり。。

最悪、それでもいいかなあ・・・と思って
探してたら、

クギマチのパーティードレスが、
Amazonで売られてるのを見つけました。

見た感じは、安っぽくないです。。わーい(嬉しい顔)

うーん、、、と思いながら画面を見てたら、
ひとつ、売れました。

一応、サイズごとに1つずつ、くらいの出品で、
私だと9号サイズくらいしか合いそうじゃないので、
それを見てまわってたんですが、

その時点で、合いそうなドレスが3つ、になり、
えいっexclamationパンチ思って、
3千円のパニエと一緒に買いました。

早々に、袋入りで届いたドレスは、
確かに縫製が雑なところがあり、

洗濯の方法などの表示もなし。

でも、遠目に見た感じは、立派なものです。ぴかぴか(新しい)

少し洋裁とかできるなら、
ほつれとかを直せば
立派なドレスに仕上がりそうです。

もちろん、そのまますぐに着られます。
私は余裕があれば、当たって痛い
脇の折り返しだけ、かがろうかな。。。

まあ、でも、あれで9千円弱ならいいかな・・・と
思いました。

お姫様気分ハートたち(複数ハート)にはなれますね。手(チョキ)

でも、肝心の曲が仕上がってないんだけど。。(爆爆弾

ウエディング パーティ ドレス 玉虫マジックバイオレッド 17号 1169-129mv-s17

新品価格
¥8,900から
(2012/2/26 13:39時点)














posted by くめみ at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

はめればピアノが弾けるようになる装置「Concert Hands 」

ヤフーニュースで、おもしろいトピックスを見つけ、思わず見てしまいました。

それは、手に装着すればすぐにピアノが弾けるようになる「Concert Hands」るんるん

う〜ん、どうやって?
勝手に指を引っ張って、練習してくれるのかしらん???
期待は膨らみます。。揺れるハート

で、Y-TUBEを見ました。
なにやら、メーカーの宣伝みたいな動画でしたが。。わーい(嬉しい顔)

感想。

あの装置だけでは、難しい曲を弾きこなすのは、ちょっと無理な気がします。。

指の形も、タッチの強さも、あんまり関係なさそう。(爆爆弾)

でも、ピアノを弾きたいけど、鍵盤のどこを触ったらいいかわからない・・・というような、まったくの初心者の方なんかは、それなりに遊べると思います。。

ま、ピアノのお稽古を去年3ヶ月さぼったら、どうも指が動かなくなり、(特に左手の3,4,5)、ただいま、時間がないのにリハビリ中(でもやっぱり時間がないのですよね、一日、5時間とはいかなくても、せめて3時間、毎日練習できたら、元に戻ると思うのですけれどふらふら)、ちょっと期待したのですが、やっぱり地道に練習するしかないみたい。。わーい(嬉しい顔)
posted by くめみ at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

若林顕(わかばやしあきら)さんのコンサートに行きました。

パンフルートのコンサートには行きそびれた私ですが、

ピアニストの、若林顕(わかばやしあきら)さんのコンサートに、こないだ行ってきました。るんるん

実はこれは、市民コンサートで、戦後まもなく、良質の音楽を焼け野原の人たちに聞かせたい、聞きたいexclamation×2・・・という願いの元、始まったものです。
というわけで、もう数十年続いているものなのですね。ぴかぴか(新しい)

その、市民コンサートで、ときどき譜めくりが必要なことがあるのですが、それが、私のピアノの先生のところに話が来るので、私も何度か譜めくりに行ってます。

ただ、ピアノは弾いても、コンサートで演奏するような曲の、楽譜って、難しいのよね。。ふらふら
たまに、冷や汗をかくことも。。(爆爆弾

それはさておき、若林さん。

エリザベートコンクールの入賞者で、有名な方です。ぴかぴか(新しい)

曲目は、ベートーベンの月光ソナタ、シューベルト、ドビュッシー、シューマン・・・と、盛りだくさんでした。ぴかぴか(新しい)

でも、クラシックの大曲より、映画音楽とかの、ゆっくりめで一音一音をていねいに弾く曲のほうが、とてもよかったです。
どうやったら、あんなふうに弾けるのかしら・・・なぁんて。。

先生いわく、「ホントはもっとうまく弾ける人なんだけどねぇ〜、練習不足かしら」ですって。。(笑)

それでも、やっぱり上手いですけどね。わーい(嬉しい顔)

行ってよかったexclamationハートたち(複数ハート)と思いました。
posted by くめみ at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

パンフルートのコンサート

今日は、ショックなことが。。。

というのも、
パンフルートのコンサートに行きそびれました。もうやだ〜(悲しい顔)

パンフルートというのは、私も初めて知ったのですが、古い歴史を持つ、管楽器の一つで、そのまま訳すと、「パン(牧羊の神)の笛」ということになります。シリンクス、バンパイプともよばれています。

パンというのは、ギリシャ神話に出てくる、上半身が人間(だけど、角がある)で、下半身が4つ足(ヤギの足)という、不思議な神で、笛を持っています。牧羊とか、医療にも携わっていたようです。

パンフルートというのは、この神様の笛、ということなんですね。

パンフルートは、ひとつの音に対して、ひとつの管というように、長さの異なる数本の管を長さの順に横一列に並べて、一方の切り口から息を吹きかけて美しい音を出す・・・という、素朴なつくりの楽器ですが、民族楽器として、世界各地に分布していて、現在では、木や竹だけでなく、土やセラミック、プラスチックでも作られているそうです。

この、パンフルートをつかった、パンフルート・トリオのコンサートが、今日、徳島随一のコンサートホール、むらさきホールにて行われました。(実は、フルート界のカリスマ奏者、エマニュエル・パユさんは、ここがお気に入り、なんですよ。ぴかぴか(新しい)

パンフルートを吹くのは、コーネル・パナ。ルーマニア生まれの、パンフルート界のカリスマ奏者、だそうです。

がっexclamation×2

行きそびれちゃったんですねぇ。。
夜、チラシを見て、思い出しました。

一生の不覚です。ふらふら
また来てくれるかなぁ。。わーい(嬉しい顔)


posted by くめみ at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

次のスーパーピアノレッスンはピレシュ♪

NHKスーパーピアノレッスンは、見れるときはいつも見てます。

一番最近は、精力的にレコーディング活動されている、アンドリューフ・シフさんの、ベートーベンのピアノ協奏曲でした。

シフさんはとても明るくて、ベートーベンに造詣が深く、よい講座なのだということはわかるのですが、いかんせん、私のレベルが・・・ふらふら

だって、普通、協奏曲までは弾かないものねぇ。。
いつかは、2台のための・・・でいいから、ラフマニノフの2番を弾いてみたいものですが。。揺れるハート

そして、さすがにというか、生徒も、新進ピアニストとかが勢ぞろい。
オーケストラパートも、抜群に上手い・・・。

見ながら、「この講座、自分でまがりなりにも、CD買って、自分でも弾いてみて、予習して・・・っていうのがないと、せっかくのレッスンがもったいないよなぁ。。」なんて思ってたのでした。。

で、次は何をやるのかなあ?と思っていたら。。

以前、とても感動したマリア・ジョアン・ピレシュさんの講座のアンコールみたいです。

>>参考 ピレシュ(ピリス)さんのスーパーピアノレッスン

この講座は、簡単な曲からありますし、あえてピアノを弾かない人でも、見てほしいくらい、一つ一つのことばが哲学的です。

前回は、途中からしか見てないので、すごい楽しみるんるんにしています。

4月3日からのスタートで、毎週金曜日の12時から・・・となります。1回目は、アラベスクです。わーい(嬉しい顔)
posted by くめみ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

ケスラーのピアノ練習曲

ピアノのお稽古をするときは、何冊か同時進行するのが普通です。

で、練習段階のとき、つまりピアニストやピアノ講師が、「この曲がやりたい」とかいうとき以外は、だいたい、そのうちの1冊は、練習曲をやります。

普通、練習曲で誰でも必ずやるのは、ツェルニー30番ですね。その後、40番、50番くらいはするかな。。

で、ピアノの練習曲集としては、ツェルニーのほかには、クラマー・ビューローなんかも有名ですが、私はツェルニー50番の後に、ツェルニー60番もやるかな?と思って買っておいたら、ピアノの先生が、「60番は50番とよく似てるから」とおっしゃって、

モシュコフスキーの練習曲をやりました。

モシュコフスキーは、15番と16番とありますが、15番。

その15番がもう終わりそうなので、次は何をやろう?ということになり、先生が、「ケスナー買っといてね。ケスナーの練習曲」とおっしゃいました。

それで、ネットで調べたのですが、ありません。がく〜(落胆した顔)

近所のレコードショップに行き、調べてもらいましたが、ありませんでした。
もう一度、ピアノの先生に、「ケスナーのほかに情報はありませんか?」とメールしたら、

ケスラーです。ケスナーではありません。ケスラーの15の練習曲、作品20」といわれました。ふらふら

で、また近くのレコード屋へ。。

しかし、無いexclamation×2のです。がく〜(落胆した顔)
全音にも、音楽の友社にも、電話かけてくれましたが、
「絶版です」たらーっ(汗)

またまた、その旨をピアノの先生にメール。
返事が、「ヤマハに聞いてみたら?」とのことで、「う〜ん、あきらめないのね。。」(笑)と思ったけど、電話してみました。

そしたら、
リコルディという会社から出てるようですが、海外からの取り寄せになるので、1ヶ月くらいかかります。値段は、5200円です。」とのことでした。

う〜ん、、でも1ヶ月なあ。。ふらふら
と思い、実は今まで使ったことがなかったヤフオクへ。。

すると、ありましたexclamation×2

ケスラー 15の練習曲 作品20

あと4時間で終了というときで、2000円でした。(笑)

中古品で、1曲には書き込みが多いとのことでしたが、渡りに船ひらめきとはこのこと。わーい(嬉しい顔)

ヤフオク初参加で、2000円で落札しました。

これが戦利品です。いや〜、ネットって、便利ですね。ぴかぴか(新しい)

090321_193656.JPG

posted by くめみ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

大人のピアノ:ピアノが弾けないときはトレーニングボード

私も含めてですが、大人の方の場合、まず、仕事など、日々しなければならないことがあって、毎日忙しいことが大半だと思います。

そのため、ピアノ専攻の学生さんのように練習することは、まず不可能に近いですね。

ヘタをすると、ピアノの前にも座れない日もあるのではないでしょうか?

今日は、そのための対策を2つ、お伝えしますねるんるん

1)トレーニングボード

ひとつめは、トレーニングボードを使う・・・というものです。

トレーニングボードというのは、御木本澄子先生の考案された、ピアノが弾けないときのための、練習用ボードで、写真のようなものです。

081202_162454_00.JPG

トレーニングボードの詳しい使い方は、御木本澄子先生の御著書、「正しいピアノ奏法ぴかぴか(新しい)をごらんいただければ、練習方法がいろいろ載っています。

トレーニングボード自体は、レッスンの友社に電話すれば、送ってもらえますし、大きな楽器店などでも扱っているようです。

故井上直之先生も、愛用されていたようです。

2)指の出し入れ

これは、何も器具が要りません。わーい(嬉しい顔)
写真のように、こぶしをつくって、そのこぶしを平らなところに置き(ひざの上でもよい)、弱い指を、1、2、1、2と、交互に出し入れするのです。

081203_152320.JPG081203_152340.JPG

簡単ですが、音大受験生もやっているという、大変効果のある方法です。手(チョキ)
お試しください。ぴかぴか(新しい)
posted by くめみ at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

大人のピアノとハノン

ハノンといえば、ピアノをやってる人で、知らない人はいないでしょう。

ピアノるんるんをはじめて、少し経つと、ハノンという、指の練習の本を、必ずやることになります。

ハノンというのは、1820年フランス生まれの、シャルル・ルイ・ハノンという、教会のオルガン奏者兼ピアノ教授の書かれた、指を完全に準備するための練習曲集本、のことです。

構成は、1番から31番までが基本的な指の練習、そのあとは、32番以降は、音階、アルペジオ・・・と続きますが、
ハノンのキモは、指の練習と、音階とアルペジオ、らしいです。

私は、昔はハノンをやったのですが、ここずっと見てませんでした。

それで、この夏から3ヶ月くらい、ピアノを休んでいたら、左手の薬指と小指から、極端に動きにくくなっていましたので、またハノンを引っ張り出して、数回弾きました。(それだけでも、違うのですよ。。ぴかぴか(新しい)

そして、先日。
ついに、先生に、「ハノン、やりましょうか?」と言われてしまいました。ふらふら

というのも、やっぱり練習不足になりがちなこのごろ、ついつい気が付くと、左手の薬指ご小指が、まるでピアノを始めたばかりの小さな子の手のように、えくぼができていたりしてしまうがく〜(落胆した顔)・・・ので、先生いわく、「ハノンで、少し指を強化しましょう」ということでした。

ま、仕方ないわね。。

でも、昔弾いてたハノンですから、なつかしいです。昔は一応、31番までと、音階くらいは、全部覚えていたんですけどね。

今の先生について、始めの頃は、ソナチネからやり直しました。私は、急がば回れ、だと思います。

そして、いつか、ラフマニノフのピアノ協奏曲ぴかぴか(新しい)を弾くぞexclamation×2パンチわーい(嬉しい顔)




posted by くめみ at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

通崎睦美さんのマリンバ・リサイタル

ピアノの先生が、市民コンサートのお試しチケットをくださったので、今日は、通崎睦美さんのマリンバ・リサイタルに行ってきました。手(チョキ)

もう、すっごい良かったexclamation×2黒ハートですexclamation×2

今日は特に寒かったこともあり、前半のクラシックメイン(モーツァルトとかバッハとか)では、ちょっと寝てしまったところもあるのですが、後半はピアソラとかすごく良くて、うまいなぁ〜黒ハートと、聞き惚れてました。(笑)

通崎睦美さんは、京都市出身。5歳よりマリンバを始め、1992年、京都市立芸術大学大学院研究科終了。
91年のデビュー・コンサート以来、多様な形態で演奏活動を行われています。

ところで、その通崎睦美さんが、とてもよいお話を聞かせてくださったので、シェアしたいと思います。

通崎睦美さんが演奏された曲の中に、平岡養一さんの編曲したロシアン・ジプシー・メロディーズというのがあるのですが、その、平岡養一さんの話がすばらしかった。

平岡養一さんは、1907年かなんかの生まれで、戦前に、日本人として初めて、アメリカのNBCラジオで11年半、木琴の生演奏をされていた方、だそうです。

平岡さんは、「世界一の木琴奏者になりたい」と、単身でNYに渡り、「アメリカの朝は、ヨーイチの木琴とともに夜が明ける」と言われたそうですが、戦争になり、「日米交換船」(アメリカに居る日本人と、日本に居るアメリカ人をトレードする船)に乗って、帰国されたらしいです。

その後、戦時中も大八車に木琴を乗せ、積極的に慰問活動などを行っていたそうで、第一回紅白歌合戦にも出られた国民的カリスマで、戦後、みんなの心がすさんでいたときに、初めて日比谷公会堂で行われたクラシックのコンサートで、2500人を集めて、演奏されたらしいです。

その、平岡養一さんの楽譜と楽器のすべてを、今日の通崎睦美さんは譲り受けたそうです。

平岡養一さんの木琴るんるんは、1935年製で、とてもなつかしい音がするのですって。。(CDの演奏には、使われているものがあるそうです。今日は、マリンバでしたが。。)

今日、私が行った、徳島市民コンサートも、戦後の日本人に、なにか文化を・・・ということで、設立されました。

同じような目的で、子供のための音楽教室が作られ、桐朋学園になったり、サイトーキネンオーケストラができたりしました。ぴかぴか(新しい)

何につけても大きな志は大事だなあ・・・と、なぜかコンサートのお話で、思った私です。わーい(嬉しい顔)



posted by くめみ at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

のだめカンタービレの楽譜

こないだからはまっているのだめカンタービレですが、

どうしても欲しくなって、ついに、のだめカンタービレの楽譜を買いましたexclamation×2

その名も、

「ピアノソロ 初中級 オーケストラと共演したい のだめカンタービレ(カラオケCD付)」

実は、
「ピアノソロ のだめカンタービレの世界(上級編)」と、どっちにしようか迷ったのですが、

私が弾きたかったのは、ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番

ピアノを弾くものにとっては、協奏曲というのは、すごい憧れ揺れるハートなのです。

なので、ちょっと「初中級」っていうのが気になったのですが、カラオケCDのついたほうに。。。

で、今日、その「ピアノソロ 初中級 オーケストラと共演したい のだめカンタービレ(カラオケCD付)」が届きました。プレゼント

もぉ〜、取るものもとりあえず、いそいそと箱を開け、中身を見ましたexclamation

あれ?がく〜(落胆した顔)

なんか、簡単すぎるぞー。。(汗)

そう、さすが、「初級」まで名前についているだけあって、初見で弾けそう。もしかしたら、指1本でも弾けるかも。ふらふら

ちょっと、ショックでした。。

実は、ゆうべピアノの先生に、のだめカンタービレの再放送を見た話と、カラオケCD付楽譜を買った話をしたのでした。

先生はにっこりと微笑み、「カラオケにピアノ合わすのは、難しいわよ。オーケストラと生共演だと、お互いに呼吸が合わせられるけどねキスマーク」と、私が協奏曲をオーケストラをバックに弾いても不思議ではない口ぶりで、そうおっしゃったのでした。。

それで私もつい調子に乗り、「面白かったら、持ってきてみますねるんるん」なぁんて言って、楽しみに待ってたのでした。
しかし、1本指かぁ。。ふらふら

ま、ちょっと弾いて遊ぶくらいで、後は、普通の楽譜を買ったほうがいいかもねぇ。。

小さな子供たちに、曲のさわりを教えるには、CD付だし、手ごろかもねドコモポイント・・・と思うことにしよう。わーい(嬉しい顔)
(あ、CDの演奏はいいですよ。手(チョキ)

posted by くめみ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

のだめカンタービレで千秋が弾いた曲(ラフマニノフピアノ協奏曲第2番)、追記

ゆうべ、雨の中雨を、はるばる鳴門まで、東京交響楽団のコンサート2008−2009に行って参りましたexclamation

お目当ては、のだめカンタービレで千秋がシュトレーゼマン指揮のAオケで弾いた曲、ラフマニノフピアノ協奏曲第2番、でした。
ピアノは小川典子さん、ベテランです。

結論から言うと、すごく良かったexclamation×2です。手(チョキ)

ピアノも良かったのですが、とても息が合ってました。
たぶん、指揮の方、小林研一郎さんって、私はじめてだったのですけど、なんかあったかいお人柄みたいな感じが、伝わってきて、

ラフマニノフピアノ協奏曲第2番だけじゃなくて、チャイコフスキーの交響曲第五番も、もうため息もの〜ハートたち(複数ハート)でした。

オケの演奏者も、みぃんな、ノリノリexclamation×2

終わってから、拍手が、(実は半分くらい空いてる席があったのですけど、そんなの見ないとわからないくらいに)すごくて、指揮者の小林さんが、一人一人〜パートごとに、手で指し示して、結局全員拍手
に拍手してもまだ鳴り止まなかったくらい、すごかったです。。

あんなあったかいコンサート、久々でした。。ぴかぴか(新しい)

小林さんって、指揮をしながら唸るんですが、それが聞こえて、でも、それも一つのいい味出してました。(録音だとちょっと?かもしれないけど。わーい(嬉しい顔)

しかし、私には、また一つ野望が。。

協奏曲弾けるようになりたい。。。(爆)

なんか、ほんとに、とんでもないんですけど、昨夜からその考えが頭の中をめぐってます。

ま、のだめが千秋にオーテストラパートを弾いてもらったように、2台のピアノでもいいのですが、

協奏曲が弾けたら、さぞかし気持ちいいだろうなあ・・・黒ハート黒ハート

と思い始めてしまった私です。。(爆)

昔は、「死ぬまでにショパンのバラードが弾きたい」でした。
でも、今のピアノの先生について、そこそこ練習した結果(そんなにいっぱいではないんですよexclamation)、スケルツォはなんとか弾ける・・・ということがわかったので、多分、それなりの研鑽を積めば、決して無理ではないかな・・・と。(もちろん、かなり練習しないとだめだろうけど。)

さて、この野望はどうなるでしょうか?(笑)

ここで一回言ってしまいましたが、これから、またその思いを温存して、地道にやれること(日々のピアノの練習)をやっていきたいと思います。

本当に、いつか、この夢が叶ってればいいなあ。。揺れるハート




posted by くめみ at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

のだめカンタービレで、千秋が弾いた曲

今晩は、クラッシックのコンサートに行きまするんるん

東京交響楽団と、ピアノが小川典子さん、です。

曲目はいくつかあるのですが、私の目的は、

ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番です。わーい(嬉しい顔)

これは大変有名な曲で、映画音楽にもよく使われていますから、聞いたらわかる人も多いかな・・・と思いますが、

最近は、のだめカンタービレの中で、シュトレーゼマン指揮のAオケで、千秋がピアノを弾いた曲・・・ぴかぴか(新しい)といえば、なるほどと思う人もいるかもしれません。

ラフマニノフのピアノ協奏曲は第3番も有名で、こちらも大変美しい曲です。

私は、今はなきホロビッツが、全盛期のころの、ゴールデンジュビリーコンサートで弾いた、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番と第3番を、友達に録音してもらい、かなり長いこと聞いてました。

数年前、来日して話題になった、ワレリー・ゲルギエフのラフマニノフも、ちらっと聴いただけなのですが、引きつけられるような演奏でした。またぜひゆっくり聴きたいと思います。

ということで、のだめカンタービレで千秋が弾いていたときに、一人、興奮状態だったのでした。(笑)

というわけで、今日のラフマニノフの第2番、楽しみに、

自由席2千円とゆーやつを買いました。(笑)

まるで、学生みたいですけど。。(汗)

楽しんできますexclamationわーい(嬉しい顔)


posted by くめみ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

ピアノ、再開

7月から、都合により休んでいたピアノるんるんですが、また再開することに。。

というのも、ピアノの先生から、

あまり長く休むと、取り返すのに時間がかかるので、そろそろ再開しませんか?

とメールメールをいただいたから、です。わーい(嬉しい顔)

ピアノもそうですが、お稽古事って、いったん休むとずるずる・・・ふらふらっていうところがありますよね。

やっぱりそれなりに、時間もお金かかりますし。。。

ここで、大きな役割を果たすのは、「先生」の存在ですexclamation

ピアノの先生もそうですが、お茶とお花の先生も、スケールの大きな、それでいてかわいらしい方で、

両先生とも、私でも何でも話せるような雰囲気のある方たちですexclamation×2

先生には、本当に恵まれていると思います。
ありがたいことです。。


さて、それでもなかなか上達しないピアノ、です。(笑)

特に、「発表会」は、2年に1度なんですが、

今年は、ショパンの「スケルツォ3番」をやりましたが、
直前に、私は、やせすぎてぼろぼろ、ソロは、いままでで多分一番ひどい演奏をしてしまいました。たらーっ(汗)

連弾のラプソディー・イン・ブルーは、うまくいきましたが。。


その前の発表会で弾いた、リストの「ラ・カンパネラ」は、
発表会の前の晩に練習してたら、左手薬指が、「突き指状態」
になり、急遽指使いを変えたので、案の定オクターブで、音をはずしました。もうやだ〜(悲しい顔)

その前のベートーベンの「熱情」は、なぜか最後のところで一オクターブ間違えて(それまで、そんな間違いをしたことはなかったのにexclamation×2)、弾き直しました。。(爆)

なかなか、ピアノのプロにはなれないようです。。わーい(嬉しい顔)
posted by くめみ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

のだめカンタービレ

昨日、たまたま点けたテレビで、のだめカンタービレをやっていました。

のだめカンタービレは、原作が漫画で、「読んでみたいなぁ〜揺れるハート」と思ってはいたのですが、読む機会がなかったのよね。。

内容は、ちょっとだけ(笑)知っています。

なぜかというと、NHKの英語のテキストの巻末に、日本の小説(近代小説などもあって、今では使わないような、ちょっと前の日本語表現なども、なんとか訳者ががんばって英語に直してあるのだが、それがまた、味があって面白いわーい(嬉しい顔))や漫画を、海外向けにどう訳してあるかをとりあげてるコーナーみたいなのがあって、それに載っていたのを、たまたま読んだから、なんですけど。

で、まず、つかみが、すごくおもしろかったです。

のだめ、というネーミングに主人公のキャラと、音大というミスマッチ。。

私は自分でピアノも弾くので、もうこの時点でやられました。

その後、この4月に一緒にピアノの連弾をやった、ピアノ講師の女の子にも、ストーリーを聞きました。

ピアノの先生のところで、一緒に合わせていたのですが、なぜかのだめカンタービレの話に。。

というのも、そのころ、ピアノの先生の親戚の人が、「**の曲、のだめでやってたから弾きたい」とか言って、かなり難しい曲をリクエストしたらしいのです。曲名までは、聞かなかったけど。。

というわけで、読みたかったけど読めてなかった「のだめカンタービレ」ですが、ついに、昨日、テレビでみたexclamationってわけです。

まあ、大体イメージどおりでしたが、のだめの先輩が格好いいexclamationハートたち(複数ハート)

お料理上手なのも、笑ってしまったけど、結構音楽好きな人は、グルメが多いのよね。

後は、音楽がいいですねー。もう、音楽だけ聴いてても飽きません。

そんなわけで、また見てしまいそうです。わーい(嬉しい顔)

久しぶりに、ちょっと遠ざかっていたピアノを、また始めなくっちゃ・・・と思い直した日、でした。



posted by くめみ at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

今日はピアノ♪

今日はピアノ

大人のピアノって、結構ぜいたく。(笑)

ピアノは子供の頃習ったけど、大学受験前にやめました。その後、就職したけど、そのときもちょっと習って・・・。

最初の先生は、大学教授で、奥様もいい人で、家族(両親、兄弟とも)大変お世話になったのだが・・・ただ、実はピアノが専門ではなかったのよね、私は知らされてなかったんだけど。。(笑)

でも、他に先生を知らなかったので、大人になってから、また習いに行きました。(笑)
「自分でできるでしょ」って言われたけど、自分でできるなら、ピアニストよね。。

その後、たまたま知り合った女の子がピアノ講師で、たまにちょっと教えてもらってたら、その後結婚することになったので、「くめみさんには私の先生を紹介してあげるよ!」と言われ、紹介されたのが、今の先生。

今の先生は、とてもよいです。
ただ、練習する時間がないっ!もうやだ〜(悲しい顔)

ピアノって時間掛かるのよねー。
大人は忙しい。(笑)


そんなわけで、1日に1回弾くのがやっと。
だって、3冊ある本(モシュコフスキー、ラベル、バッハ)のひとつ、バッハの平均率1の24番、長いんだもん。。

でも、先生は優しく教えてくださいます。
ありがたいことです。わーい(嬉しい顔)


posted by くめみ at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする