2015年03月30日

新学期! 今年は語学もスタートするのだ〜

3月中旬になると、NHK の語学講座が本屋に並びます。

で・・・
以前はそれを何冊も買うのが、春の密かな楽しみでした黒ハート

ところが、ここ数年まったく余裕がなくなり、
そんなこともしてなかった。。。

でも。

最近さぼってたけど、
せっかく新学期なので、語学をやることに・・・わーい(嬉しい顔)

だって、旅行にいったときも、
不自由しないと、嬉しいよね〜ラブラブラブラブ!

ペラペラと喋れるとかっこいいけど、
まあ、そこまでじゃなくてもいいかな〜なぁんて。。。べーっだ!

しかし。。

ここで迷うこと、しばし。。。

う〜ん、どの言語にしよう!?叫び
(迷うか、フツー、ここで。。。ドクロ

------------------------------------------------------
ひらめき電球一応、軸は中国語とドイツ語に・・・
------------------------------------------------------

・・・ってことで、

今までもこんなことを繰り返し、2ヶ月だけいっぱいNHK語学テキストを買って、
「どれか残れば、まあいっか〜ニコニコ
で最初だけ頑張るんだけど、

こういう考え方では、
どの語学も、ぜ〜んぶ続かなかったのよね。。。ガーン

なので、今年の語学の軸を決めることにひらめき電球

メインは、中国語とドイツ語にしました音譜

ま、経済的な発展性も考えてって、、、違うか。。にひひ

------------------------------------------------------
ひらめき電球結局、買ったNHK語学講座は?
------------------------------------------------------

でも。。。

お昼にユーロ24見てた関係で、
イタリア語も少しデキたらいいな〜とか、

ハングルも読めたほうがいいよね、とか、

フランス語も思い出しときたいな、とか、

あ! ポルトガル語講座もあるぅ〜ビックリマークとかさ・・・

で、イロイロ考えてると・・・

結局、買ったのは、

英語2冊、
中国語2冊、ドイツ語、ハングル語、フランス語、ポルトガル語・・・
となったのでした〜爆弾

さて、いつまで続きますかね。。。にひひ

でも。

語学講座にはKindleがとっても便利ラブラブ!
紙の本より安く買えるし、何冊でも持ち運べます合格

これで、スマホにゴガクルを入れたら、
いつでもどこでも放送が聞けますチョキ

(語学講座、Kindleで買えばスマホでも見れるけど、容量がね。。。
Wi-Fi環境がどこかで使えるなら、Wi-FiなしのKindleなら安いですニコニコ

学生さんの新学期の勉強用(電車の中とか)にもいいんじゃないかな。。。


★語学講座にはKindleがおすすめ
↓↓↓↓
Kindle Paperwhite Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデルKindle Paperwhite Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル

Amazon 2014-10-04
売り上げランキング : 35

Amazonで詳しく見る
by G-Tools










posted by くめみ at 11:39| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

NHK「しごとの基礎英語」が熱い!

昔は語学マニアだった私も、最近はサボりぎみ。。。

でも、時代の流れとして、
そろそろ英語をやリ直しといたほうがいいかな・・・って気がする
ので、
少しは英語に触れるように、心がけている今日この頃。。

・・・でも、やっぱりサボリぎみ、なんだけどね(^◇^)

そんな私の最近のお気に入りは、
テレビのNHK「しごとの基礎英語

篠山輝信さんが、主役(といっても、彼だけ台本を知らない)で、
困った状況に、苦手な英語で立ち向かう・・・というストーリー

・・・なんだけど、まあ、彼の英語はどうでもいい。(爆)

何がいいかって言うと、

ゲストのルーシーさんの、
ビジネスパーソンとしてベテランだからこそ!の経験上の仕事のヒントと、

何と言っても、
先生の大西 泰斗さんの、日本人向けのすごーく細やかな解説!
・・・これが、すごくいい。。


数年前にも、大西先生の番組を見たことのある私は、
そのときはそれほど買ってなかったので、

番組当初は、
「なんで、アメリカ人がいるのに、日本人が先生なんだろう?」
と思ってたくらいだったのだけれど、

もう最近は大西先生の解説が聞きたくて、
その時間だけ、無理やり見てるくらい(笑)。


だってね、
あの日本語でのこまやかな説明は、彼じゃないとできないです。。。

たとえば、一つの単語や前置詞が、どういう意味を持ってて、
仕事の場面でどんな働きをするのか・・・

そんなことを、きちんと、わかりやすく説明してくれる(*^_^*)
・・・そこまでの説明って、今までになかったんですよね。。

「しごとの基礎英語」、
英語をやりなおしたい方には、すごーくいい!ですよ。

でもね・・・

本気で英語でビジネスができるようになりたいなら、
自分で英語を話さなければいけない機会を作るべき
、ですね。

そういう場所がある人はいいのですが、
なければ、無理やりに環境を作ってしまいましょう!

これなんか、おすすめです♪(^_-)-☆


★今年こそ英語力を!自宅で好きな時に英語のレッスン♪
      ↓↓↓↓
年末の新規入会キャンペーン










posted by くめみ at 21:05| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月02日

今年こそ英語ペラペラになりたい!

初夢はご覧になりましたか?
私は、いつもの生活通りで、フツーに仕事している・・・という、
超現実的な夢、でした(^^;

さて。

昨日、「1年の計画を立てる」ことをおすすめしましたが、
まだ立てていない人も、月の効力は48時間なので、
明日の20:14までに、ぜひ立ててみてくさいね!(*^_^*)

ところで・・・

新年の抱負で、よくあるのが、「今年こそ!英語力をつけたい!!」です。

管理人は、実は昔、結構英語を勉強したので、

2年ほど前だったか、
友人のお嬢ちゃんが英検1級の2次試験で落ちたときに、
いろいろアドバイスをして、その子は無事合格しました(*^_^*)

が・・・

友人から来た今年の年賀状。

お嬢ちゃんは、英検1級再チャレンジ。
今度はは93点で、
おまけにTOEICは満点だったとか。。。

ひぇ〜〜!!Σ(゚ロ゚;)
今度はこっちが教えてもらわなくっちゃ。。。(爆)

ちなみに、管理人は、TOEICは試験問題が嫌いなので、
受けるかどうかは微妙ですけどね。。

だって、英検1級は読み物として面白いので、
落ちても気にせず、勉強もせず、何度も受けに行ってました。
(だから、英検1級取るまでに、かな〜り時間かかったんだけどね。)

けど、TOEICの試験問題って、つまんないだもん。。。(爆)


でも、日本人ってもともとが資格好き。

文部科学省も、
「英検準1級やTOEIC780点でセンター満点とみなす」とか言ってるから、
学生は、ますます英検やTOEICを受けることになるだろうと思います。

そして!

やっぱり大人も、英語はできたほうが便利ですね!(^_-)-☆
なんだかんだいっても、英語って便利ですから。

英語力をつけるには、
読む・聞く・書く・話すを、全部やったほうがいいです。

とっかかりはNHKラジオ講座とか、
最近のしごとの基礎英語あたりでいいと思いますが、
英語を話す機会だけは、自分で作らないといけません。

最近は、オンライン英会話も充実しているようです。

ここ、アルクは、私もいろいろ通信講座を受けてみたこともありますが、
老舗だけあって、どの教材もしっかり作られています。

バーチャル英会話は、どれも無料体験がありますから、
やろうと思ったら、お試ししてみられるといいですよ(^_-)-☆

今年こそ!英語がペラペラになりたい人はここ!
   ↓↓↓↓
年末の新規入会キャンペーン



posted by くめみ at 21:49| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

英語ペラペラ、その後と英語勉強法

そうして、しばらく(といっても、10年以上)は、別に英語を喋るのに、それほど苦労はしなかった。

しかしexclamation

ここ数年、あまり英語をまじめにやってなかったせいか、ネイティブとまじめに熱く語り合う機会もなかったせいか(やっぱり話をするには、それなりに自分と知識だとか経験だとかが合う人、もしくはそれらを補う想像力のある人でないと、難しいふらふら)、

気が付くと、私は、

英語を話すのがとぉっても億劫になっていたんである。。。がく〜(落胆した顔)

あれ、こんなときは、英語でなんていうんだっけ? とか、

昔知ってたはずの単語が出てこない、とか、

気が付くと、ペラペラとは話せなくなっていた。

昔できたことができなくなる・・・というのは、よほどの運動能力でもないかぎり、老人でなくても、嫌なもんで。。。

対策に乗り出しました。

で、買ったのが、ME

神田昌典先生プロデュースの、「英語が話せるようになるための」CDである。

といっても、英語教材ではない。(笑)

ま、私も、買ってみるまではよくわからなかったんだけど、要は、脳の情報を「私は英語が話せるんだよん」というふうに書き換えるのである。

これでどうなったかというと、

英語を話すのに抵抗はなくなった・・・ぴかぴか(新しい)んですね。

ペラペラと喋れなくなってるときは、自分で「こんなときはこう言って〜」とか、頭で考えて、文章が完璧に作れないと、話を切り出すのをやめちゃったりしますが、勝手に口が話を切り出します。わーい(嬉しい顔)

あ、出た〜って感じ。でも、その後は自分で続けないと話になりません。
というわけで、文法とか単語は、別の復習が必要です。(笑)

でも、まあ、何かきっかけって大事、ですもんね。。。ひらめき



posted by くめみ at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語がペラペラになるには:英語勉強法

私は、昔、「英語がペラペラ」というのに憧れた。目

しかし、何もしなかった。
というか、仕方が分からなかった。ふらふら

その後、前にも書いたけど、普通に勉強して、英語はあんまり得意じゃないまま大学に入って、暇だったので、毎日ラジオで英語講座を聞いていたら、なんとなく英検2級程度にはなって、
留学して帰って来たら、なんとなく喋れるようになっていた。

しかし、これは、実は、

頭で文章を組み立てて、それを即効で英語に直していた・・・パンチ
んである。

なんか、面倒臭そうだが、慣れてくると、あんまり苦労なくできるのだった。。

というのも。

その頃言われていたのが、ダイレクトメソッド(英語を聞いて、英語で理解して英語で考えて答えるという方法)が有効なのは、12歳までにそういう教育を受けた人だけ、ということだったから。

なので、大人になってから留学したら、日本語を英語に直す努力は当たり前だと思っていた。
ということは、それなりに単語を覚えたり、文法を覚えたりする必要がある・・・ということを意味する。

しかし、そんなことは、慣れてくると、それほど苦痛でもなかった。特に、留学から帰ってきて10年くらいは、喋り始めたら、英語が何とかつながって出てきたものだ。

ということで、英語がペラペラになりたいだけなら、この方法でも大丈夫です。手(チョキ)

ただ、あんまり長く英語から離れすぎると、やっぱり話せなくなります。。わーい(嬉しい顔)

なので、ラジオ講座を継続して聞くとか、不断の努力が必要となります。





posted by くめみ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

英語耳3

英語の周波数は、日本語に比べると、高いです。

ですから、英語が聞き取れるようになるためには、高い周波数に耳を慣らすことが、ポイントひらめきです。


では、高い周波数というのは、どんなものがあるかというと、

自然音、音楽(特に、モーツァルトは周波数が高い)、子供の声

などです。

高い周波数に耳を慣らすには、高い周波数のものを聞けばよいわけですが、子供の声を聞いていたからといって、英語が聞き取れるようになる・・・わけでは、もちろんありません。わーい(嬉しい顔)

そこで、ちょっと工夫が必要になります。

英語の聞き取りだけに限りますと、

1)英語を、高速で聞く
2)高周波の音楽を聞く


のがオススメです。手(チョキ)

まず、1)英語を高速で聞く。

最近は、いくつも、高速英語CD付の教材本が、本ですと手ごろな値段で買えます。
なので、気に入ったものや、やりたい内容のものがある場合には、これが一番楽で手っ取り早いでしょう。

しかし、気に入った聴覚教材がない場合もあります。このときは、自分で録音するのが一番ですが、問題はコスト。録音した速度を調整してくれる器具を買う・・・という方法もありますが、安いものでも数万円します。
ま、2倍速までであれば、パソコンのメディアプレイヤーで調整できるようです。

ご自分のニーズを考えて、選ばれるとよいでしょう。

2)音楽を聴く

これは、先ほど申し上げたモーツァルトがよいようですが、他の作曲家や特定の曲でも一定の効果が認められていることが、言われています。

トマティス法を初めとする特定の効果が期待できるCDや、七田式の高速モーツァルトなど、いろんなものが販売されていますので、お好みの音楽で試してみるとよいと思います。

ちなみに、私は、一応、買えるのは買って試してみましたが、一定の効果はありますよexclamation

ただ、どのトレーニングもそうなのですが、一定期間は続けるのと、また時間を置いて、やり直してみる、というのが大切みたいです。

私も、忙しいときはつい、トレーニングを忘れがちなので、気をつけなければいけませんね。わーい(嬉しい顔)







posted by くめみ at 19:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

英語耳2

私は、自分が大学になってから、ラジオ講座をなんとなーく聞いてたら、英語がわかるようになった、だから、人もそうなんだと思っていました。

でも、そうではないらしい、というのがわかったのは、だいぶ後のことです。。

というのも。
英語の先生で、喋れるんだけど、耳があまりよくない(日本語も聞き間違える)先生がいまして、その方の英語の勉強法やら、その方の英語を聞いてると、どうも違うのですよ。

努力もされてるのだけれど、自分とは違う。。

で、なぜかを考えたら、耳が違うんですね。

別に、自分がどうこういうのではなくて、どうも努力の割りに喋れないというのは、耳が違うんではないか?と思ったのでした。

で、その疑問が氷解したのが、トマティス理論だったわけですね。

要は、
英語と日本語は周波数が違う、と。

だから、その周波数を聞ける耳を作れば、聞けるようになる・・・という理屈です。

周波数の合わせ方については、次回。わーい(嬉しい顔)
タグ:英語耳
posted by くめみ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

英語耳1

私は、英検1級ですが、もともと英語が得意だったわけではありません。
私が生まれ育った、そして今も住んでいるところは、徳島なので、田舎です。その田舎で、塾へも行かず、普通の学校教育だけを受けてました。
なので、英語は中1から始めました。

親が、小学生の時に、(たぶん)無理をして、当時旺文社のLLカセット音楽を買ってくれましたが、覚えてる所といったら、「レモン」の発音とか、「これはペンです」くらいです。
(そんなことしか、書いてませんでした。)

高校のときも、一応進学校に通ってましたが、英語に関しては、都会の子たちのように英語の副読本があるわけでもなく、英作文はできなくて当たり前。
テストで英作文の問題が出たら、すっとばして、他で点を稼いでました。わーい(嬉しい顔)

そんな私が、英語がある程度できるようになったのは、大学1年のときです。
一人暮らしを始めたので、暇になり、当時のNHKのラジオ英語講座を、聞き始めました。
これにはポイントがあって、1日3回聞けるときは、3回聞いてました。録音もせず、聞けるときだけ、です。(テレビでも良いのですが、とにかく、毎日やってるやつがいいです。)

それを、1年くらい続けたら、なんとなく、テキストに書いてあることくらいは、英語を聞いたらわかるようになり、英検2級も受かりました。(普通は高校生で受けるんですが、苦手意識があったのと、その頃に「英検は2級から急に難しくなる」ということを聞き、そのように思い込んでいたせいです。)

その後、米国留学を経て、英検準1級は何の勉強もせずにすんなりと受かりましたが、1級はコツがつかめなくて、なかなか受かりませんでした。(近くに適当な学校もなく、独学していたの、直前しか勉強しなかったため・・・というのもありますが。)

でも、自分の英語の基礎力は、ラジオ講座にあると思っています。
つまり、まず英語を聞く力を鍛えたから、英語力がついた・・・ということです。

それで、「英語が話せるようになりたいんですけど、どうしたらいいですか?」という質問には、「ラジオ講座を聞きなさい」と答えていました。

でも、それだけでは十分ではなかったのです。

(続く)



posted by くめみ at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする