2009年12月05日

ヤーコンを収穫!

春から植えてあったヤーコン。
すっかり大きくなってました。わーい(嬉しい顔)

普通の住宅用造成地から、家庭菜園を作る
までの苦労はこちら
(いやー、大変でしたっexclamation×2わーい(嬉しい顔)
 ↓
>>はじめての家庭菜園

>>家庭菜園のための開墾

>>はじめてのガーデニング:開墾完了、そして土をならす。

そして、ヤーコンも植えたのですが、

いつ、どうやって収穫するんだろ???

と思ってるままに日は過ぎて。。。

ようやっと、ヤーコンについて書いてある本を読んだら、
11月だって。。

しかし忙しい今日この頃、なのでした。ふらふら

でも、12月は掃除もしないといけないし、
お歳暮やら年賀状やらと忙しい。。。

なので、意を決して、今日、取り入れをしました。手(チョキ)
  ↓
DSCF1386.JPG

ヤーコンの株は2つ。株によって、
出来具合が違うのがよくわかります。
  ↓
DSCF1387.JPGDSCF1388.JPG

予定外だったけど、
収穫はやっぱりうれしいハートたち(複数ハート)
ですね。わーい(嬉しい顔)


ラベル:ヤーコン
posted by くめみ at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

はじめてのガーデニング:開墾完了、そして土をならす。

ガーデニングのための開墾作業(参考:家庭菜園のための開墾)は、一昨昨日、無事終了しました。
じゃ〜んexclamation×2

(開墾完了)090415_110421.JPG

それはよいのですが、
ここから、土が、野菜さんにとって、「ふかふかベッド」かわいいとなるようにしなければなりません。

そのためには、まずは耕して・・・最後は土をふるいにかける・・・

というのが、こないだ仕入れた本では王道みたいですが、まだ小さな石がゴロゴロ。。

で、親に聞いてみました。
私:「うちの裏(の小さな菜園)を耕すのは、どうしてるん?」
父:「トラクター」
私:「大きなヤツ?」
父:「うん。お前のところだったら、ポチ(「うちのポチ」という、小さな耕運機)も入らんぞ。」
私:「いや、結構広いよ。」
母:「あんな、石だらけのところはアカン。」
私:「石は全部どけたよ。」
母:「とにかく、あかん。クワでしなさい。」

というわけで、ちょっと楽をしよう・・・と思った計画は、あえなく却下されました。ふらふら

仕方ないので、クワとスコップで、手作業。。

ところで、17日からは、土用。
風水上、土用に土をいじるのはよくないので、まず、お清めをしました。
清酒なら何でもよいので、月桂冠のカップを買ってきて、東北から時計回りに撒き、庭の隅に盛り塩をしました。

(盛り塩)090418_183306.JPG

これで大丈夫。手(チョキ)

で、手作業です。
くわで、先にスコップで掘った土地を耕し、スコップで下の黒いケースに入れ、ゆすります。ふるいみたいに小さな目じゃないけど、大きな石はこれで残りますので、黒いケースに残ったのは、外へ出す・・・という作業をしました。

(土をならす)090418_183344.JPG

今日も頑張りました。ぴかぴか(新しい)わーい(嬉しい顔)
posted by くめみ at 21:31| Comment(1) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

家庭菜園のための開墾

今日は、家庭菜園もがんばりました。

というか、例の、開墾をがんばったというか。。ふらふら

でも、かなりはかどって、もうちょっとです。

(開墾1)090412_183434.JPG(開墾2)090412_183501.JPG

レンガもブロックも、自分で並べました。手(チョキ)


思えば、スコップの使い方も上手になったわ。。

というか、スコップは、少し良い歯のを使うほうがはかどる・・・とか、
土が固いときは、水をかけながら掘ると、掘りやすい・・・とか、
ちょっとコツがわかるようになりました。ひらめき

しかし、石がいっぱい出てます。どうしようかなぁ。。

後、手前で、写真に写ってませんが、オレンジ木の苗を植えました。

これで、風水で女の人にいいという、「桃、ざくろ、みかん(の代わりに、私はオレンジ黒ハート)」が揃いました。

いいことあるかなっハートたち(複数ハート)ぴかぴか(新しい)わーい(嬉しい顔)

posted by くめみ at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

はじめての家庭菜園

最近、ふと、

そうだ、家庭菜園を作ろうexclamation×2ひらめき

と思い立った私です。(笑)

だって、これから不況は恐慌になるかもしれないし、どうも星の配置は夏にはインフレになりそうだし、(そういや、恐慌の前にはスーパーインフレ・・・っていうもんね)、
今の調子で、各国の政府がお札を刷りまくってたんじゃあ、インフレもそう遠い未来でもありますまい。。
戦争したい国はいっぱいあるし、日本の自給率とか考えたら、流通が止まったらアウトだよなぁ。。ふらふら
そしたら、まずは食べるものの確保だexclamation×2

・・・とまあ、いろいろ考えたわけですが、ま、そんなことはともかく、ちょっと野菜でも作れたらいいかなあ・・・と思ったわけです。

と、そこまでは良かったのですが、私の家は宅地で、造成地・・・なのですね。

造成地って、普通に売ってるところですが、実は、造成地をちょっと掘ると、土じゃなくて、石がいっぱいexclamation×2なんですよね。。

なので、土を入れようとして、自分で少し入れたのですが、

野菜作りのお手本に選んだのは、以前「趣味の園芸」の野菜作り編で見た、藤田智先生の本です。

なんといっても、土いじりのときの格好、道具の集め方や、使い方、土の作り方から始まって、春〜秋の野菜作りのプランまで入ってたので。

ま、お値段は、普通の2倍くらい。(だって、他の本は、同じ値段で1年分の野菜が載ってたから。わーい(嬉しい顔)

でも、最初はスムーズに行きたいので、それを買いました。

すると、「できるだけ深く、30センチは堀りなさい」と。。がく〜(落胆した顔)

土を入れてたら、とてもじゃないけど、そんな高さは出ません。
というわけで、昨日から堀り始めました。。

しかし、これは、石だらけなので、耕すというよりは、「開墾」

めっちゃ疲れます。。

で、がんばったけど、ここまで・・・でした。

090330_180252.JPG090330_180313.JPG

んー、、あこがれの家庭菜園、できるかな。。わーい(嬉しい顔)
posted by くめみ at 22:32| Comment(2) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。