2010年04月25日

苫米地英人さんの英語の本

英会話学校の話が出たので、
英語の勉強法について、
私の考えをお話しておこうかなと思います。キスマーク

というのも、英語習得には
あまりにいろんな方法が出回っていて、

知らない人ほど惑わされる・・・ふらふら

からなのですね。

今日来た、苫米地英人さんのメルマガには、
「英語の英語→日本語の対訳の単語帳は
捨てなさい。」
とありました。

苫米地英人さんの英語に対する考え方は、
(本当は苫米地英人さんの英語の本を
読んで頂きたいのですが、)

思いっきり平たくいうと、
まあ、頭を子供の時みたいに柔らかくして、
その柔らかい頭の中に、
状況によって英単語や文章を入れて行こう・・・ひらめき

というもので、
実は、かなり時間がかかるものです。
簡単に習得できる方法ではありません。

でも、苫米地英人さんの英語の勉強法のいいところは、
そのようにして覚えた英語であれば、
使い方を間違えるようなことはない、
ということです。

問題は、時間がかかること。
そして、日本語の勉強は、自分で個別に
しなければいけないことです。

なので、受験生にそのまま向くかというと、
留学する人にはいいでしょうが、
受験英語とはまた別です。
(もっとも、受験英語が別物、なのですが。)

留学して勉強しようという生徒さんや、
大人の方で、覚悟と時間のある方、
脳の働きに興味のある方は、
試してもいいと思います。

たまたまメルマガが来たので、
苫米地英人さんの英語の本について
お話しましたが、

流行りのスピードラーニングなどでも
同じことです。

楽して習得・・・というのは、
なかなかあり得ない話だと
言わざるを得ません。

ただ、では習得できないのかというと、
そうではなくて、

それなりに時間をかけて
勉強すればいいだけのことです。

そのときに、自分にあった、楽しんで
継続できる方法を見つけることが
大切になってきます。

英語は、やはり、できないよりは
できたほうが便利だと思います。

これから英語を勉強しようという方、
ぜひがんばってくださいね。ぴかぴか(新しい)


posted by くめみ at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする